5年生 ものづくり・デザイン科の見学(10/27)

今日は、5の1が午前、5の2が午後からと、ものづくり・デザイン科の見学と体験のため、能作(株)と高岡市デザイン・工芸センター、富山県総合デザインセンターを訪問しました。

密を避け、1クラスが3グループに分かれて行動します。

能作の入口ロビーには、たくさんの鋳型が展示されていました。

鋳物づくりが富山県の伝統産業であることを実感できます。

子供たちは、実際に錫のペーパーウェイトづくりに挑戦しました。

まずは、自分の選んだ型にシールを貼って模様を付けます。

この型に砂をかけ、きつく固めていきます。

木枠を裏返して型を取り出せば、砂型の完成です。

先生が溶けた錫を流し込んでくれました。温度は約240℃です。

冷ましてから砂から取り出して、完成です。

子供たちは、体験をとおして鋳物ができる過程を理解したようでした。

5の3は10月29日(木)に出かける予定になっています。

 

【今日の給食】

今日の献立は、食パンと牛乳、鶏肉のガーリック焼き、ポテトスープ、切り干し大根のナポリタン、チョコレートクリームです。

鶏肉の皮の部分が香ばしく、とてもおいしかったです。