給食に「はたはた」が出た!

1月9日(水)

今日の給食に、富山では珍しい「はたはた」が出ました。しかし、富山県と同じ日本海側にある秋田県では、「県の魚」にもなっていて、よく食べられている魚だそうです。

今日はから揚げになって、給食に登場しました。

とても食べやすく、みんな「おいしい。」といって食べていました。

今日の献立は、ご飯、はたはたのから揚げ、ほうれん草とえのきのごまみそ、にゅうめん、牛乳でした。

【 秋田名物 はたはた 】

はたはたは、「すずき」の仲間の深海魚で、別名「カミナリウオ」とも言います。昔は秋田県において大量に水揚げされましたが、乱獲などにより、急激に漁獲量を減らしましたが、禁漁などの資源保護に取り組み、今は、昔の賑わいを取り戻しつつあります。

はたはたは、鱗がないので、調理しやすく、よく煮魚や焼き魚に調理されて食べられます。また、干し魚やみそ漬けにもされ、塩漬けを発酵させ、その汁を漉して作った「しょっつる」という調味料まであります。いろいろな食べられ方をする魚なのですね。

はたはたには、ビタミンEや質のよい脂肪が含まれているので、肌をきれいにしたり、血液をさらさらにしたりするそうです。

今日は、から揚げだったので、骨ごと食べることができました。もっとたくさん食べたくなってきますね。