気持ちよく金沢を散策!(6年校外学習)

11月2日(金)

気持ちのよい秋晴れの中、6年生が校外学習に行ってきました。

兼六園、金沢城、石川県立歴史博物館などを見学してきました。

まず、子供たちは、兼六園を散策しました。

兼六園は、水戸の偕楽園、岡山の後楽園と並ぶ日本三名園の一つで、江戸時代の代表的な大名庭園です。

平日にも関わらず、多くの観光客で賑わっていました。有名な徽軫灯籠(ことじとうろう)や唐崎の松、雪つりをした松、紅葉した木、池などを見ながらのんびり歩いてきました。

次に、隣の金沢城の石川門、五十間長屋、橋爪門続櫓を見てきました。

 

金沢城には、城を敵から守る施設がたくさんあることを知りました。

その後、広場でおいしい弁当を食べました。

【石川県立歴史博物館と体験コーナー】

歴史博物館では、いろいろな時代の生活を体験できるようになっていました。

子供たちは、昔の人になりきっていました。歴史が身近に感じられました。