火災をなくそう!(ファイア・パーク・イン・下関)

10月24日(水)

今日、「ファイア・パーク・イン・下関」が開かれました。

 

高岡消防署南部出張所の所長さんは、「自分たちで災害(火災)から、命を守れるようになるために、楽しんで学んでほしい」とおっしゃいました。

はじめに、高岡女性分団の方から、災害(火災や地震)のとき、どう行動すればよいかを寸劇で教えていただきました。

子供たちは、劇の中で消火器の使い方を教えてもらいました。

① ピンを抜く。

② ホースを持つ。

③ レバーを握る。

④ 火元の3mまで近付き、箒をはくようにして消す。

これで、火事になったときに、正しく消火器を使えますね。

次に、各学年に分かれて、火災の時に役立つ様々な体験を経験しました。

 

【防火・防災クイズ】

クイズは、少し難しかったけど、楽しかったです。

【煙中体験】

ハンカチを持ってきていて、よかったです。

【煙中避難訓練】

本当の煙だと怖いと思いました。

【消火体験】

ちゃんと、ピンを抜いて、火を消すことができました。

【救急体験】

けがをしたときに、三角巾で止血したり、腕を吊ったりする方法を教えてもらいました。

【燃焼実験】

天ぷら油には、水をかけてはいけないことが分かりました。

 

今日は、貴重な体験をすることができました。防火・防災のために、自分ができることから取り組んでいきたいと思います。