まぼろしの魚を食べたよ!(給食)

10月15日(月)

今日、学校給食に、富山湾でとれたまぼろしの魚「ゲンゲ」が出ました。

今日の献立は、ごはん、げんげのから揚げ、ひじきのいため煮、里芋のそぼろ煮、牛乳でした。

【 ゲンゲ 】

ゲンゲは、富山湾にすむ深海魚で、体長20㎝程の細長い魚です。また、ぬるぬるしたゼラチン質でおおわれています。

ゲンゲは傷みやすく、昔は、雑魚扱いの魚で、富山県では、新湊の海岸近くの家庭だけで食べられている魚で、市場では流通していませんでした。そのため、

まぼろしの魚  → 「幻魚(げんげ)」 と呼ばれるようになったとも、

下の下の魚   → 「げんげ」     と呼ばれるようになったとも、

言われてます。

近年、食べ物の流通が良くなり、都会の高級料亭や県内のスーパーマーケットでも扱われるようになりました。富山県の郷土食、ゲンゲのから揚げはおいしかったです。