10倍してできる数を求めよう!(3年)

9月14日(金)

3年生は、算数の時間に、10倍してできる数と、もとの数とを比べて、どのようなきまりがあるのかを考える学習に取り組みました。

  

1個20円のガムを10個買うと、その代金は、20×10=200で、200円になります。

20×10=200となる理由を、お金の図などを利用して、自分の考えを、みんなに説明しました。

  

ところで、20×10=200となるのなら、50×10や64×10の答えが、図をかいて考えなくても、どうなるか分かる人はいますよね。何か、きまりに気付きましたか?