調理員さんによるクラス訪問!(1年)

7月12日(木)

今日の給食の時間に、調理員さんがいつも使っている調理の道具をもって、1年生の各クラスを訪問しました。

そして、調理員さんが、クイズが出されました。

Q1:「これは、何でしょうか。」

 

これは、お風呂・プール・船ではありません。実は、給食室にある調理用の大きな鍋(実物大の模型)です。今日は、この鍋を2つ使って焼きそばを作ったそうです。

普通のお玉を使って混ぜると、間に合わなくなって焦げてしまうので、このスコップのようなもので混ぜているんですね。

 

Q2:「この鍋で、何人分の焼きそばを作ったのでしょうか。」

A:「今日は、600人分の焼きそばを作りました。」

 

Q3:「これは、何でしょうか。」

 

大きなざるのようなこの調理器具は、シュウマイを蒸すものです。

こんなふうに、大きな鍋にお湯を沸かして、その上にこれを置いて蒸します。

たくさんのシュウマイを蒸すには、大きな蒸し器がいるんですね。

子供たちは、自分の家にある蒸し器と、目の前にある大きな蒸し器とを比べていました。

たくさんの給食を、毎日毎日作っておられるなんて、知りませんでした。いつもおいしい給食を作ってくださって、ありがとうございます。

調理員さんは、桃太郎だ!‥

いやっ、金太郎だ!‥

いや、まるでスーパーマンですね。