しもぜきっ子ランチ⑦

1月17日(水)

今日4年1組で、7回目の「しもぜきっ子ランチ」を行いました。

4限目の後半に、まず栄養教諭がバランスのよい食事の大切さを指導しました。

次に、給食ではどのような料理が主食や主菜になるのかを考えました。

今日の食19丼が入った食器は、いつもの「ご飯茶碗」ではなく、大きな「」でした。また、高岡漆器のおぼんにのせて食べました。

子供たちは、「今日の食19丼(しょくいくどん)はおいしい!」「毎日、4限になるとお腹がすいてきて、給食を楽しみにしている。」と言っていました。

栄養教諭が食器は手に持って食べようと指導していました。

今日の献立は、高岡野菜の五目あんかけ丼、焼きポテト、根菜汁、シューアイス(果実ヨーグルト)、牛乳でした。

今日は「高岡食19丼」の日でしたが、食19マン(しょくいくまん)はお休みでした。

1月の高岡食19丼は、「高岡野菜の五目あんかけ丼」です。

ラーメンや焼きそばに、「五目」とつく料理名がありますが、この場合の「五目」というのは、「5品目で」はなく、「たくさんんの」という意味です。

今日は、豚肉、人参、玉ねぎ、白菜、椎茸、筍を使用した「五目うま煮」をご飯にかけて「高岡野菜の五目あんかけ丼」にしていただきました。