しもぜきっ子ランチ⑤

12月11日(月)

今日3年2組で、5回目の「しもぜきっ子ランチ」がありました。

初めに栄養教諭が、「好き嫌いせず何でも食べよう」という内容の紙芝居をしました。

まず、赤の食品には、どんな特徴があるかを子供に考えさせました。赤の食品が、食べ物になる前は、生きて動くものだということに気付いた子が何人かいました。赤の食品を食べると血や肉になることを知って、自分の筋肉と見比べて、納得していました。

次に、栄養教諭が赤、黄、緑の食品が身体の中でどんな働きをするのかについて説明しました。

みんな、おいしそうに食べていました。

今日の献立は、冬野菜のカレーライス、ボイルドウィンナー、海藻サラダ、シューアイス、牛乳でした。

今日は、冬野菜のカレーライスの中に、大根・かぶ、にんじん等の地場産の冬野菜がたくさん入っていました。