消防署見学に行きました!(4年)

5月9日(火)

今日、社会科の学習で、消防署の見学に行きました。

行きと帰りに、万葉線を利用しました。

日頃、電車に乗る経験がないのか、つり革が珍しいようでした。手を伸ばしてやっとつかまることができました。

3グループに分かれ 、消防署の中を見学し、職員の方から話を聞きました。

【高岡消防署の案内】

食堂、更衣室、お風呂、仮眠室、暗室、会議室、講堂などたくさんの部屋を案内してもらいました。入浴中に出動命令が出たときは、濡れたままで服を着て出動することもあると教えていただきました。

【各種消防自動車の性能・秘密の紹介】

救急車、普通の消防ポンプ車、お風呂10杯分の水をタンクに入れた消防ポンプ車、救助工作車、2種類の梯子車など、いろいろな働きをもつ車を見せてもらいました。

一つ一つの車には、たくさんの道具が積まれていました。何をする道具かを分かりやすく教えてもらえました。

【県西部消防指令センターの仕組み】

平成28年より、名前が、高岡消防本部から「県西部消防指令センター」に変わり、今では、高岡市だけでなく6つの市の119番通報がここに入ってきます。

先生の携帯電話から訓練の119番通報をして、どのように処理されていくかを見せていただきました。

【レスキュー隊の綱渡り訓練】

3種類の綱渡りの方法を実演していただきました。「かっこよかった!」と感動しながらも、「自分だったら、とてもできないな。」と感想を述べていました。

見学中に本当の119番通報があり、救急車が出動していきました。消防署が、緊張ある職場であることが分かりました。