交通安全運動期間中の人波作戦

4月13日(木)

春の交通安全運動期間中です。

4年生は交通少年団として、「人波作戦」に参加しました。

高岡警察署新高岡駅前交番所、交通安全協会、交通安全母の会の協力を得て、ドライバーの皆さんに「シートベルトの着用」「スピードの出し過ぎ注意」等の安全運転を呼びかけました。

最初は、恥ずかしがっていたようでしたが、後半は大きな声を出していました。

 

交通安全協会下関支部長 田中様から、「『止まってくれるだろう』という気持ちで横断すると交通事故につながるので、しっかりと確認をすること」を教わりました。

4年生は今年度から、交通安全運動期間中に交通少年団のマフラーを着用しての登下校を実施しており、このマフラーを着用することによって交通安全を地域の方やドライバーの方に呼びかけていることになります。

今後もまずは自分が手本となり、交通安全を家族や下級生に呼びかけていくことで、交通事故のない下関校区となればいいですね。