6年生」カテゴリーアーカイブ

仲よしプールを楽しもう!(1・6年)

7月10日(火)

1年生は、6年生のお兄さんやお姉さんとともに、小学校で初めてのプール学習に取り組みました。

 

1年生が6年生とペアを組んで、水の中でおんぶをしてもらったり、水の上に浮かべてもらったりと、いろいろな水と親しむ活動に取り組みました。

   

様々な活動を通して、1年生だけでなく、6年生の表情にも、たくさんの笑顔があふれていました。

 

カテゴリー: 1年生, 6年生 |

ラバーズ・コンチェルトの合奏をしよう!(6年)

7月9日(月)

6年生は、音楽の時間に、班ごとに、ラバーズ・コンチェルトの合奏に挑戦しました。

  

リコーダーや鍵盤ハーモニカの他に、班ごとにタンバリンや木琴などの楽器を選んで、自分たちが目指す曲想に合った演奏を披露しました。

  

たとえ、4~5人の少人数の演奏であっても、みんなで協力して、1つの曲を奏でる楽しさは、音楽がもつ魅力の1つかもしれません。

また、機会があれば、いろいろな曲の演奏に挑戦をしてみたいと思います。

カテゴリー: 6年生 |

トートバッグの製作に取り組もう!(6年)

7月6日(金)

6年生は、家庭科の時間に、家庭科室で、ミシンを使って、トートバッグの製作に取り組みました。

 

5年生のときにもミシンを使って、ウォールポケットなどを製作したのですが、先生や友達とミシンの使い方を確認しながら作業を進めました。

   

今日は、トートバッグの持ち手のところが、ねじれてしまわないように、慎重に作業を進めました。持ち手を上手く縫い付けることができたら、とてもうれしくなりました。

 

カテゴリー: 6年生 |

ものづくり・デザイン科実習⑩(6年)

7月5日(水)

6年生は、ものづくり・デザイン科の時間に、前回までと同じ職人の方々を講師としてお招きして、彫刻塗りの仕上げとして、古味付けなどの作業に取り組みました。

  

はじめに、上塗り研ぎの作業を行いました。前回、彩色した部分の色を落とすことなく、上塗りした塗料の表面をより滑らかにするために、水で濡らしたサンドペーパーで磨いたあと、さらに、綿に研磨剤を付けて、丁寧に磨き上げました。

   

上塗り研ぎの作業を終えた天板を、職人の方に見ていただき、相談しながら、彫刻を施した部分が、より浮き出て見えるよう、古味付けの作業をしていただきました。

 

古味付けの作業を終え、作業をする前のものと比べると、より趣のあるオルゴールの天板が仕上がりました。

 

1か月半ほどの製作期間において、いろいろとご指導をいただいた職人の方々に、心より感謝申し上げます。本当に、ありがとうございました。

カテゴリー: 6年生 |

ものづくり・デザイン科実習⑨(6年)

7月2日(月)

6年生は、ものづくり・デザイン科の時間に、前回までと同じ職人の方を講師としてお招きして、天板の彩色の作業に取り組みました。

  

彫刻が施されている天板に、細い筆を使って、緑・黒・赤・黄・白に着色された塗料を、丁寧に塗っていきました。(他に必要な色があれば混色をするなどして、色彩豊かに着色をしました。)

  

次回、7月5日(木)には、最終段階である、古味付けの作業に取り組みます。

 

5月末から1か月以上の月日をかけて製作に取り組んだ、彫刻塗りのオルゴールの完成の日が、いよいよ近付いてきました。

カテゴリー: 6年生 |

プール掃除(6年)

6月29日(金)

7月2日のプール開きを控えて、今日の6限目に、6年生がプール清掃を行いました。

途中で、雨も時折降っていましたが、安心してください。6年生は、雨にも負けず、元気に掃除を続けました。

早くプールに水が貯まるといいな。

カテゴリー: 6年生 |

20mシャトルランに挑戦しよう!(1・6年)

6月29日(金)

1年生は、6年生のお兄さん・お姉さんとペアになり、体育館で、新体力テストの種目の1つである20mシャトルラン(往復持久走)の測定を行いました。

 

まずは、1年生女子、1年生男子の順で、20mシャトルランに挑戦しました。

20mシャトルランとは、一定間隔で鳴る電子音に合わせて、20mの距離の往復を行い、少しずつ間隔が短くなる電子音に合わせて、20mを走りきることができなくなるまで、何回、走りきることができたかをカウントします。

  

子供たちは、少しずつ電子音の間隔が短くなり、走るのが苦しくなる中、歯を食いしばって、全力で20mシャトルランに取り組みました、

1年生の測定が終わった後で、6年生が、1年生の声援を受けながら、20mシャトルランの測定を行いました。

 

6年生女子、6年生男子の順で、20mシャトルランに挑戦しました。さすがは、6年生。多くの子供たちが、100回前後の記録を残すことができました。

  

今回の活動を通して、1年生と6年生の絆を、さらに深めることができました。

カテゴリー: 1年生, 6年生 |

ものづくり・デザイン科実習⑧(6年)

6月26日(火)

6年生は、ものづくり・デザイン科の時間に、前回までと同じ職人の方を講師としてお招きして、天板の上塗りの作業に取り組みました。

 

下地塗り、中塗り、上塗りと、3回の重ね塗りの最終段階となります。塗りむらなどがないよう、細部にいたるまで丁寧に塗料を塗りました。

 

上塗りの作業を終えた天板は、ほこりなどが表面に付着しないよう、ガラス戸のある棚に収めて、ゆっくりと乾燥させます。

  

次回は、7月2日(月)に、天板に色を塗る、彩色の作業に取り組む予定です。

カテゴリー: 6年生 |

野菜炒めに挑戦しよう!(6年)

6月25日(月)

6年生は、家庭科の時間に、調理実習として、野菜炒めとスクランブルエッグ作りに挑戦しました。

 

まずは、キャベツやニンジン、ピーマンなどの野菜を水洗いして、細かく刻み、プライパンで炒めました。

 

野菜炒めが完成したら、次に、卵を割ってほぐし、牛乳・塩・こしょうなどを混ぜて、スクランブルエッグを作りました。

 

すべての調理が完了したら、野菜炒めとスクランブルエッグを、各自の皿に盛り付けて、自分たちの作った料理を、班ごとに味わいました。

 

見栄えや味付けに、多少の難があったとしても、自分たちで作った料理の味は、やはり格別でした。

担任の先生を招待して、試食をしていただきました。おのずと笑顔があふれてくる様子から、料理のでき具合を推察していただければ幸いです。

 

カテゴリー: 6年生 |

ものづくり・デザイン科実習⑦(6年)

6月21日(木)

6年生のものづくり・デザイン科は、中研ぎの段階に入りました。

職人さんお二人のおっしゃることをよく聞き、作品の全面に水を付け、消しゴムに細かい目の紙やすりを巻き付け、きちんとした平面になるように研ぎます。前に塗った塗料が全部とれてしまわないように集中してこすります。

研ぐと、光っていた表面がまたくすんでしまうような感じなのですが、これが大切なのです。

漆器は、細かい過程を繰り返しながら、辛抱強く作り上げるものなのです。

カテゴリー: 6年生 |