3年生」カテゴリーアーカイブ

しもぜきっ子ランチ④

12月4日(月)

今日3年1組で、4回目の「しもぜきっ子ランチ」がありました。

初めに栄養教諭が、「好き嫌いせず何でも食べよう」という内容の紙芝居をしました。

まず、赤の食品には、どんな特徴があるかを子供に考えさせました。次に、栄養教諭が赤、黄、緑の食品が身体の中でどんな働きをするのかについて説明しました。

栄養教諭が、食器を手で持って食べようと指導しました。

みんな、残さずしっかり食べることができました。

今日の献立は、ごはん、変わりミートローフ、小松菜のひたし、みそ汁、シューアイス、牛乳でした。

カテゴリー: 3年生, 給食室 |

あさがお運動⑯

12月4日(月)

今日は3年2組のあさがお運動でした。

12月に入り、寒い日が続いていますが、子供たちは元気いっぱい。朝から大きな声で挨拶をしていました。

挨拶をすると心が何だか温かくなります。

保護者の皆様、朝のお忙しい時間にご協力いただき、ありがとうございました。

カテゴリー: 3年生 |

ホウレンソウクッキーのいい香りがします!(3年)

12月1日(金)

昨日と今日、3年生が総合的な学習の時間に「ホウレンソウクッキー」を作りました。

3年生は、地元野菜であるホウレンソウの種植えから収穫まで体験しました。

お母さんやお父さんやお姉さんやおばあちゃん等、ゲストティーチャーとして家の方に来ていただいて、作り方を教えていただきました。

学習の締めくくりとして、ホウレンソウを調理して、4日に行われる「感謝の集い」に来校された方にプレゼントします。

子供たちは、完成したクッキーを食べて「おいしい!」と言って喜んでいました。

ご協力いただきましたお家の皆様、ありがとうございました。

カテゴリー: 3年生 |

地産地消っていいな!(3年生)

12月1日(金)

今日、調理員さんが、3年の教室へ行き、「地産地消」についてお話をされました。

地産地消とは、地元(高岡)でとれた野菜などを地元で消費する(食べる)ことです。

調理員さんが「今日の給食に、いくつ地場産の食材が入っているかわかりますか。」と聞かれ、子供たちは、数えてみていました。

学校給食には、たくさんの地場産の野菜が使われていて、今日の給食には、何と12品目の内、6品目が使われていると教えてもらいました。

子供たちは、給食の食材の内、半分も地場産のものが使われていたことにびっくりしていました。

今日の献立は、ごはん、豚肉のジャンロー、青菜のおひたし、けんちん汁、ミックスナッツ、牛乳でした。

カテゴリー: 3年生, 給食室 |

ほうれん草取ったよ!(3年)

11月27日(月)

3年生の総合的な学習の時間に「ほうれん草」づくりのお世話をしてくださった上関の農家の方をお呼びして、ほうれん草について、いろいろな話を聞きました。

「ほうれん草」は、鉄分など身体をつくるのに必要な栄養がたくさん含まれる緑黄色野菜の一つであり、その中でも、一番栄養がたくさん含まれた野菜だと言うことを教えてもらいました。だから、毎日、少しずつ食べてほしいと言われました。

原産地は、ペルシャで、日本には江戸時代に、ヨーロッパを通して伝えられたそうです。

ほうれん草には、20種類ぐらいの品種があって、そのうちの5~6種類を今、畑で育てておられるそうです。

【今朝畑で収穫されたばかりのほうれん草】

その後、収穫のこつを教えてもらい、長靴をはいて、みんなで育てたほうれん草の収穫をしました。葉っぱがちぎれてしまうと商品価値がなくなるので、指に泥が付くくらいの位置から、いくつかの株を一緒に持ち、真っ直ぐ上の方向に引き抜くといいそうです。

収穫したほうれん草は、今後、調理してほうれん草クッキーに生まれ変わります。

カテゴリー: 3年生 |