児童活動」カテゴリーアーカイブ

みんなで出よう のどじまん大会①(1年、2年)

2月12日(火)

長休みと昼休みに、あさがお委員会主催で、毎年恒例の「のどじまん大会」が大ホールで開かれました。

1年生と2年生の中から、たくさんの人が出場し、歌やダンスを披露しました。

【1年の発表】

     

【2年の発表】

見学児童は、大きな拍手をしたり、かけ声をかけたり、一緒になって歌っていたりするなど、会場が大きく盛り上がっていました。

明日は3年、4年の代表の発表が行われます。お楽しみに!

カテゴリー: 1年生, 2年生, 児童活動 |

大なわ大会③手に汗握る一瞬!(5年・6年)

2月7日(木)

長休みに、5年生と6年生の大なわ大会が行われました。子供たちは、これまで、朝の時間や休み時間に練習に励んできました。いよいよ本番です。

まずは、5年生です。練習をした後、本番を2回行います。

本番では、1分間に何人が跳べるかを2セット行います。2回の内のよい方が記録となります。見ている人にも、すごい緊張感がバチバチと伝わってきます。

【5年中間発表】

各クラスの張り詰めた空気が、体育館中に広がる中で、観客にも、プレッシャーが降りかかりっていました。

さて、2回目のスタートです。

終わったとき、大きな歓声が上がりました。果たして逆転できたのでしょうか。

続いて、6年生の番です。気合いを入れてスタートです。

【6年中間発表】

そして、130回以上の記録が出ていました。さすが6年生、なわを回すスピードが、他の学年と違っていました。見学に来ていた4年生もびっくりしていました。

気合いを入れ直して2回目です。「逆転するぞ!」という熱い思いが伝わってきます。

 

これが、6年生にとって、小学校最後の大なわ大会でした。

力一杯力を出し切った思い出に残る大なわ大会でした!すばらしい!

カテゴリー: 5年生, 6年生, 児童活動 |

大なわ大会②ファイト一発!(3年・4年)

2月6日(水)

長休みに、3年生と4年生の大なわ大会が行われました。子供たちは、これまで、朝の時間や休み時間などに、励まし合って練習に励んできました。今日は、いよいよ本番です。

 

まずは、3年生からです。練習した後、本番を2回行いました。

本番では、1分間に何人が跳べるかを2セット行います。2回の内の良い方が記録となります。すごい緊張感が見ている人にも伝わってきます。

【3年中間発表】

担任の先生方も、真剣に応援していました。

さて、期待を込めた2回目は、どうだったのでしょうか?

 

2回目の記録が、1回目を上回ったクラスから、大きな歓声が上がっていました。

続いて、4年生の番です。

気合いを入れてスタートです。

【4年中間発表】

どのクラスも、真剣に取り組んでいました。100回以上の記録も出ました。

これから2回目です。果たして逆転はできるのでしょうか?

さて、結果はどうだったのでしょうか?

実力が発揮できたクラスもあれば、うまくいかなかったクラスもありました。

来年も頑張るぞ!

カテゴリー: 3年生, 4年生, 児童活動 |

大なわ大会①練習の成果を発揮するぞ!(2年)

2月5日(火)

長休みに、2年生の大なわ大会が行われました。子供たちは、朝の時間や休み時間などにこつこつと練習に励んできました。今日は、いよいよその成果を発揮する日です。

練習を1分間した後、本番を2回行いました。

本番では、1分間に何人が跳べるかを2セット行います。2回の内の良い方が記録となります。何だか、今日は縄の回すスピードがいつもの練習の時よりも速かったです。

【中間発表】

緊張しましたが、どのクラスも、60回をこえました。

さて、結果はどうなったのでしょうか楽しみですね。

今までの最高の記録が出たようで、大きな歓声が上がっていました。

カテゴリー: 2年生, 児童活動 |

学校給食週間⑥(2、4、6年 豆つまみ大会 )

1月31日(木)

今日の長休み、昨日に引き続き2、4、6年の「豆つまみ大会」が行われました。

大会には、各クラスの男女の代表が出場し、30秒間にいくつ豆がつまめるかを競いました。そして、男子と女子の代表の記録を合計して、学年ごとに優勝のクラスを決めます。

それでは、スタート!

【1回戦】

【中間発表】

1回戦の結果は上記の通りです。おやおや、14個・15個というすごい記録が出ています。さて、果たして逆転は可能なのでしょうか。

【2回戦】

代表の人は、真剣な顔で豆をつまんでいました。それにつられて、見ている方も伝わり、顔をくっつけて応援していました。

最後に、成績が発表です。各学年の成績が発表される毎に、大きな歓声が上がりました。今年の大会は、終わりましたが、今から、来年の大会が楽しみですね。

カテゴリー: 2年生, 4年生, 6年生, 児童活動, 給食室 |

学校給食週間④(1、3、5年 豆つまみ大会 )

1月30日(水)

今日の長休み、1、3、5年の「豆つまみ大会」が行われました。

大会には、各クラスの男女の代表が出場し、30秒間にいくつ豆がつまめるかを競いました。そして、男子と女子の代表の記録を合計して、学年ごとに優勝のクラスを決めます。

それでは、始めます。「用意!」「スタート!」

【1回戦】

 

【中間発表】

さて、1回戦の結果は上記の通りです。2回戦の結果次第で、逆転もあります。

【2回戦】

たくさんの観客が集まり、大きな声で応援していました。そして、がんばった代表のみなさんへは、拍手が送られました。

結果は、1点差で勝敗が分かれる接戦で、応援のしがいのある大会でした。

反面、「練習の時は、もっと良い記録が出たのに、本番では良い記録が出なかった。」と悔しがっている人もいました。

見ていると、やってみたくなりますね。はたして、どのぐらいつまめる物なんでしょう?

カテゴリー: 1年生, 3年生, 5年生, 児童活動, 給食室 |

学校給食週間②「学校給食特別献立1伝統工芸」「2ふるさとの作品」

1月25日(金)

昨日の24日(木)と今日、全国学校給食週間のための特別献立の給食が出ました。

今年の献立のテーマは、「給食でレッツチャレンジ!たかおかふるさと検定」です。

24日(木)「~伝統工芸・伝統産業と文化財~未来に伝えよう、ものづくり都市」

高岡では、伝統的な工芸品としての「高岡銅器」・「高岡漆器」が、特産品となっていて、全国でも有名です。

高岡の町は、加賀藩二代目の殿様の前田利長が、今から400年前、当時、それまで荒地だった関野の地に、城と町を作ったのが始まりです。

このとき、今の高岡の銅器作りの元になった鋳物作りが始まりました。

 

「高岡の伝統産業や文化財」に関係する献立です

高岡銅器パン、鋳物師(鋳物を作る職人)のココット、さまのこ(江戸時代の家で、表通りに面したところにおかれた格子戸)サラダ、米粉のシチュー鍋、国吉りんごゼリー、牛乳です。

25日(金)「~ふるさとゆかりの作品~体と心に栄養を」

「高岡にゆかりのある人や物」に関係する献立です

ごはん、鶏肉のから揚げ鳳鳴橋(橋の中央に鳳凰の銅像がある)風、根菜炒め万葉かたかご(大伴家持が編纂したことで有名な万葉集に出てくる花)煮、ミニどら焼き(高岡出身の漫画家、藤子不二雄さんの作品「ドラえもん」に出てくるドラえもんの大好物)、牛乳です。

カテゴリー: 児童活動, 給食室 |

学校給食週間①「学校給食の歴史」

1月24日(木)

今日の昼の校内放送で、給食委員が「学校給食の歴史」を紙芝居で分かりやすく紹介しました。

 

① 130年前

学校給食は、家が貧しくて、学校に弁当をもって来られない子供たちに、食事をとらせようとして、山形県の小学校で始まりました。上の絵のような簡単な食事でした。

 

② 70年前

大きな戦争があり、学校給食はできなくなりました。戦争は終わったときには食べる物がありませんでした。かわいそうな日本の子供たちの様子を見て、アメリカ合衆国やユニセフから、小麦粉、脱脂粉乳、缶詰が送られてきました。そのおかげで、再び学校給食を始めることができました。

昭和21年12月24日に、東京・神奈川・千葉で学校給食が再び始まりました。しかし、この日が冬休みと重なるので、1か月後の1月24日から30日までの1週間を全国学校給食週間としました。

③ しばらくたった頃 

数年たった頃の学校給食。アルミの食器で、箸の代わりに先割れスプーンで、食べていました。

④ 40年前

この頃、ご飯の給食が食べられるようになり、脱脂粉乳が瓶の牛乳に変わりました。

 

⑤ 現在

いろいろなメニューのおかずやデザートが、食べられるようになりました。

いつも何気なく食べていた給食ですが、学校給食には、こんな歴史があったのですね。

給食を作ってくださる人だけでなく、食材にも感謝して食べたいものですね。

カテゴリー: 児童活動, 給食室 |

さそい合って遊ぼう!集会

1月17日(木)

今日の昼の時間に、あさがお委員会・環境委員会が中心になって「さそい合って遊ぼう!集会」が開かれました。

子供たちは、劇やクイズを楽しみながら、集会に参加していました。

 

さそい合いをするときには、相手の気持ちを思いやることが大事だと伝えていました。

 

委員会の人達は、この日のために一生懸命準備していました。

みんなに、楽しんでもらえて、よかったですね。

カテゴリー: 児童活動 |

ついにツインタワー完成!

12月19日(水)

17日と18日に、環境委員会が回収していたドラえもん募金(赤い羽根共同募金)の空き箱を利用して、タワーが作られていたのを知っていますか。

タワーが少しずつ伸びてきて、このたび、このタワーが完成しました。

みんなのもってきた貯金箱で、すごく高くなりました。

さて、いったい何階建てになったかのか数えてみよう!

カテゴリー: 児童活動 |